フォルクスワーゲン滋賀&栗東は、滋賀県大津市・栗東市のフォルクスワーゲン正規ディーラーです。

Ritto Staff BlogVW栗東スタッフブログ

海外でVolkswagenウォッチング

みなさん、こんにちは!

営業部の北川です。

 

私事ですが、先日GW休暇を利用して、ちょっとオーストラリア・ケアンズまで旅行に行ってまいりました。

ケアンズという場所はオーストラリアの中でも北部に位置し、シドニーやメルボルンよりもインドネシアやパプア・ニューギニアに近いです。気候は熱帯に属するため非常に暑くて辟易したのですが、まぁ初の子連れ海外旅行を大いに楽しむことができました。

さて海外に旅行に行くと、職業柄、つい街を走る自動車、ことにVolkswagen車が気になります。

しかしオーストラリア全体がそうなのか、ケアンズがたまたまそうだったのか、Volkswagen車はあまり見かけませんでした。

新しいモデルだと、モデルチェンジ後のGolf7やTiguanぐらいでしょうか。

Golfに関しては、5以降の型はすべて見られました。やはりオールマイティにどんな国でも使いやすいクルマなのだな、と実感した次第です。

他には、一世代前のPassat VariantのB7を一回、Tiguanを数回、Golf Variantを一回見たぐらいで、日本では主力のPoloやBeetleなんてものは一度も見なかったような気がします。

うぅむ、やはり国ごとによって自動車事情というのはガラリと変わりますね。

それよりも圧倒的に多いのは、日本車。

トヨタ、ホンダ、日産、マツダ…私が日本人だということも手伝ってだと思いますが、街を走るクルマの半数ぐらいは日本車だったように感じました。

欧州車に関しては、Volkswagenはそれでもまだ多い方で、MBやBMW、Audiなんていうのはほぼ皆無。多くは、少しくたびれた日本の小型車や韓国車、という印象です。

あまりクルマにお金をかけない国民性なのかもしれませんね。

クルマひとつで、いろいろなことを感じることができた旅行でした。

オーナーズクリニック

こんにちは、VW栗東、店長の隠岐です。

 

今回のブログは、4月15日(日)に開催をさせていただきましたオーナーズクリニックの

様子をお伝えさせて頂きます。

オーナーズクリニックですが、VWオーナー様にご参加をいただきまして、VW車両の日常点検の

方法やタイヤ交換の仕方やVWあるあるなどをサービスアドバイザーをメイン講師として

約1時間程度、実車を交えて進行させて頂くイベントです。

 

今回はGOLF VARIANTでの開催でしたので、GOLFオーナー様以外の方は少し違う所も

あったかと思います。

今回は、サービス課長の有園を講師に8名のVWオーナー様にご参加をいただきました。

当日は、小雨の降る中ではありましたが、本当にありがとうございました。

また詳しくは、ホームページ内のオーナーズクリニック一覧に、後日掲載をさせていただきます。

また、次回は是非とも参加したいと思われましたら、担当営業やスタッフまでお声かけくださいませ

ありがとうございました。

 

サイズアップボディ + ダウンサイジングエンジン

営業部の髙田です!

新しくなったPOLOがデビューして2週間ほど経ちました!私のお客様も早速お納車をさせて頂き、調子よくお乗りいただいております。Volkswagen栗東には試乗車もあり、皆様と試乗走行しておりますと、本当に「いい車だな~」と感じます。私なりにどんな車なのか、ちょっとレビューしてみましょう。

まずボディのデザイン。サイドに伸びるキャラクターライン(ボディーのプレスライン)はテールレンズまでつながっており、リヤフェンダーにも多数のプレスラインが施され、全体を見てとてもシャープな印象です。Volkswagenらしい飽きのこないシンプルなデザインですが、細かなところに個性があって先進的。空力抵抗の低減や衝突安全性能の向上の為に丸くなるボディをこのような方法で水平的でシャープさを出しているのですね。

インテリはどうでしょう。ダッシュボードの上部に配置されたナビゲーションが目に留まります。すごく見やすい位置にあり、左右に伸びたダッシュパネルはメーターとつながることによって、ワイドな印象が広さを演出します。室内も大変広くなっていますね!運転席、助手席に座っても「コンパクトカー」と思わせない「ゆとり」があります。後席に座っても、前のシートとの間隔がとにかく広い。先代POLOはシートと足の間がほぼ無いくらい丁度なサイズでしたが、新型になりホイールベースが8センチ広くなりました。8センチだと拳1つ分くらい。この「ゆとり」が全然違います。ラゲッジも大変広く取られているので、荷物はすべてラゲッジでおさまり、ゆったり旅行に出かけることが出来ますね。

 

さて気になる走りはどうでしょう。このモデルから「1.0TSI(ターボ)エンジン」を搭載しています。そう、ダウンサイズしています。前代は1.2TSI。その前は1.4。その前は1.6。と進化するごとにエンジンは小さくなっています。しかし、走りもどんどん進化し、新しくなったエンジンも全くストレスなく走る事が出来ます。そして一番驚いたのは、「すごい静かな車」なんです。走っているとエアコンの音しか聞こえないくらい。タイヤのロードノイズも抑えられているのか、ボディも進化したのか、かなり快適な車になりました。

各メディアで同等クラスのミニハッチバックモデルと比べられてますが、どこも好評価で私たちもうれしい限りです!この後、スポーツモデルの「GTI」も導入を予定しています。今後もPOLOは目が離せません!