フォルクスワーゲン滋賀&栗東は、滋賀県大津市・栗東市のフォルクスワーゲン正規ディーラーです。

Ritto Staff BlogVW栗東スタッフブログ

2年に1度のお祭り

店長の隠岐です。

11月に入り気温も、ぐんっと下がり今年は秋があった?かと思うぐらいです。

温泉と鍋が恋しい季節になってまいりました。

この11月2日に東京モーターショーを見に行く機会をいただき、スタッフ数名と東京ビックサイトで

行われました、第45回東京モーターショーに行ってまいりました。

滋賀県人の私には、まず駅から降りた時の人の多さにびっくりしました。(笑+汗)

IMG_3509

以前の記憶はもう少し・・・

なんとか来場して、まずは我らのフォルクスワーゲンブースがある東展示棟へ向かいました。

IMG_3599

IMG_3511

2022年に市販決定した『l.D.BUZZ』です。VWバスの愛称であるType-2を電気化した

EVモデルです。たくさんの方が写真を撮っておられました。私たちも期待しております。

11月11日にデビューフェアーを開催いたしましたNEWフェイスのアルテオンや来年に日本導入される

NEW POLOなどが展示されておりました。19067

IMG_3520

IMG_3514

IMG_3515

フォルクスワーゲングループのAUDIやPORSCHEも両サイドに展示されていました。

IMG_3531IMG_3544

国産車両も個性があり、そう遠い未来ではない車両も多くみられました。

行かれたことがある方もおられると思いますが、機会があれば是非自動車ミュージアムへ行ってみては如何ですか!!

* 案の定ですが、入場してすぐに他4人のスタッフとはぐれました。(笑) 166248

 

 

 

冬支度。

朝、夜はすごく寒くなってきました。すっかり秋です。紅葉も始まり、ドライブにはいい季節です。

グッと寒くなってきたので、皆様からスタッドレスタイヤへの交換のご相談が増えました。このあたり(栗東・草津)はクリスマスあたりに寒波がやってきて吹きが降ります。12月にはスタッドレスタイヤを装着し、冬支度をされてはいかがでしょうか?

寒い冬の洗車って大変ですよね!Volkswagen栗東の「冬支度」はタイヤ交換だけでなく、撥水コート洗車やホイールコートをセットにしてお得な価格でご準備しております。是非ご利用くださいませ!

 

さて、新型車両の紹介をしましょう!

「Arteon」がデビューしましたね。東京モーターショーでも展示をしました新型車です。とにかくカッコイイ、スタイル抜群な車です。エンジンも2.0ターボ+4モーション(4WD)とハイパフォーマンスなVolkswagenのハイエンドモデルをVolkswagen栗東のショールームでご覧になってください。

IMG_1057[1]IMG_1046

 

また、Golfのスポーツモデルの「GTI」と「R」に限定車が発売されました!走りにこだわるハイパフォーマンスな装備を追加して登場。

GTIは500台の限定。Rは100台の限定。

GTI、まだあります!ご興味お持ちの方は、早めにどうぞ!!!

営業部 髙田

TMS2017!

みなさん、こんにちは!

営業部の北川です。

 

さて、いま自動車業界の旬の話題といえば、これしかないでしょう。

東京モーターショー2017!

今年のテーマは「未来のモビリティ」ということで、各社自動運転とEVに関連する展示物や体験ブースを用意しているようです。

我らがVolkswagenも例外ではありません。

Volkswagenは、指標として2025年までに80車種の電動化を目指すとしています。もちろん、80車種すべてが完全EV車というわけではなく、既存モデルのEVグレードも含んでの数字ですが、それにしたって途方もない数ですよね。

フランスとイギリスで、2040年までに、内燃機関自動車の販売を禁止していくという方針を打ち出したかと思えば、中国まで自動車のEV・PHV化へのシフトを鮮明にしております。

今回のモーターショーは、まさにそうした世情を反映したものといえそうです。

 

そういえば、ニュースでモーターショーの話題になると、必ずといってよいほど、VolkswagenのEVコンセプトカー『I.D.BUZZ』の画像が出てきますね。

かの名車Type2の流れを組むルックスは、まさにそれだけで「未来のモビリティ」をイメージさせます。それだけ今後のEV市場において、Volkswagenの注目度が高いということでしょうか!?

volkswagen-id-buzz-geneva-1

 

しかし、このまま自動車の自動運転化が進んでいけば、究極的には運転免許証すらいらなくなるかもしれません。

「運転する楽しみ」とか「Fun to drive」を開発のコンセプトとするVolkswagenが、この未来のモビリティとどのように共存していくのか、今後に注目です。

私も生きている限り、Volkswagenの未来を見届けたいと思います。