フォルクスワーゲン滋賀&栗東は、滋賀県大津市・栗東市のフォルクスワーゲン正規ディーラーです。

Volkswagen栗東リニューアル工事中

Shiga Staff BlogVW滋賀スタッフブログ

砂嵐でメタルな感じ

こんにちは。

フォルクスワーゲン滋賀の遠藤でございます。

 

さてさて、既にコマーシャル等でご存知の方も多いかと思いますが、私からもお知らせいたします。

フォルクスワーゲンのシンボルともいえるザ・ビートルが、この度モデルチェンジを致しました。

さっそくショールームに搬入(^^)

 

DSC_0283

ボディカラーは、サンドストームイエローメタリック。

直訳しますと、「砂嵐っぽい金属質な黄色」です。イメージ湧きました?

先日発表しました、ビートル砂丘エディションもとい、ザ・ビートル・デューンで採用されたカラーですね(^^)

実際、私的には初見で、一瞬デューンが増殖したように見えました(-_-;)

今後このボディカラーも、標準カラーとして展開してまいります。

紹介できなくて申し訳ありませんが、他にもグリーンやブルーなど、様々な色がございますよ。

 

では、だんだん恒例になりつつある、私の主観による新型車紹介に移ります。

DSC_0281

フロントマスク。

バンパーの形状がかなり変わり、以前よりスポーティーな印象になりました。

エアインテークのクロームがアクセントになり、精悍なイメージに。

 

DSC_0284

インテリア。

照り返しがきつくて申し訳ないです。

ブロガーとしては致命的なほど、写真撮影が拙いもので……(-_-;)

レイアウトは今まで通りですが、各部の素材や色調が見直されています。

個人的にここは変わったなと思ったのはここ↓

DSC_0285

シートです。

ラインの入った、おしゃれな柄が生地に採用されました。

なかなかビートルにマッチしてますね。逆に、何で今まで採用されてなかったのかな……?

ちなみにベージュもありますけど、こちらは受注生産です。

お好きな方はお早めに。

 

DSC_0286

細かい違いですが、リアバンパーの下部にクロームのラインが追加されているのに気付きました。

もし前を走るビートルの後ろ姿にクロームのラインが入っていたら、それは新型ですので見逃さないようにしてくださいね!

 

新型ビートル、明日から見て頂けますので、ぜひショールームに遊びに来てくださいね!

砂嵐がお出迎えします(^^) 嘘です。

パサート電光石火

こんにちは(^^)

フォルクスワーゲン滋賀の遠藤でございます。

 

最近、何かまた暑くないですか!?

涼しくなってきたなーと思った矢先にコレ。

お天道様、相変わらずブレてますなー。困ります。

 

さて、先週パサートの新型エンジン搭載モデルのご紹介を致しましたが、実は今回もまたパサートの話題です(^_^)/ どうぞお付き合いください。

 

ついにこの度、フォルクスワーゲンのプラグインハイブリットシステム搭載車にしてフラッグシップモデル、パサートGTEの試乗車のご用意が出来ました!!

みな様お待たせしました(^^)乗れますよー♪

DSC_0267

それではここで、改めてパサートGTEのご紹介をしたいのですが、ひとつみな様におことわり。

実はブログ用の写真を撮れないまま日が暮れてしまい、ここからの画像はすべて公式サイトからの借用です。

楽をします。申し訳ありません<(_ _)>

そうなんです、冒頭でこんにちはとか言ってますけど、実はもう結構夜なんです(笑)

闇夜のテンションです(^^) 基本的にいつもですが……。

 

design_s1_img1

エクステリア。

相変わらずイケメン君ですねー♪

ヘッドライトはもちろんフルLEDですが、バンパーにもC字型のLED灯が追加されているのが特徴です。

只者ではない感が半端ないです!

あ、ちなみに写真は白いパサートですが、うちの試乗車は黒いんで(笑) あしからず。

 

design_s2_img1

ハンドルまわり。

GTI系列の赤いステッチとは対照的に、インテリア各部の青いラインがアクセントになっています。

GTIが体育会系だとしたら、こちらはクールで知的なインテリ系といったところでしょうか。

勝手なイメージですが……。

 

design_s2_img2

もちろんデジタルメーター、採用されています。

R-Lineのものと比べて、文字盤が青いです。目に優しいです。涼しげです。

こちらは、上位グレード「Advance」に標準装備となります。

ちなみに試乗車、Advanceです! やったね!

comfort_s3_img1

さらにGTEならではの装備として、ヘッドアップディスプレイを装備!

ダッシュボード上部から透明なスクリーンが立ち上がり情報を投影、さながら、視界に文字が浮かび上がっているように見えます。

視線移動を抑えられる便利さもさることながら、これ、めちゃくちゃかっこいいです。

ついに仮想現実の世界が見えてきました(゜-゜)

サイバーパンク好きの私には、これはたまらないです(^_^)/

 

safety_img6

おなじみプリクラッシュブレーキシステムに、歩行者検知機能が追加されました。

こちらはGTEのみでなく、通常パサートでもすでに採用が始まっています。

前方の自動車はもちろん、不意に現れた歩行者に対してもシステムが反応し、自動的に危険を回避、または被害を軽減させます。

これなら、突然目の前に武田○矢がとび出してきても安心ですね! 誰もしにましぇん!

にしてもこの画像の人、いくらなんでも無防備すぎでしょ(笑) わざとやっていませんか?

 

以上、この度試乗車登録しました、パサートGTEの特徴を(大いに主観を交えつつ)ご紹介いたしました。

明日、9/17からご試乗頂けます。1番乗りは誰かな!?

パサートGTEに関するお問い合わせは、いつでも当ショールームにてお待ちしています。

ぜひぜひ、次世代の走りをご体感下さいませ(^^)

パサート疾風怒濤

こんにちは

フォルクスワーゲン滋賀の遠藤です。

 

この度、フォルクスワーゲン・パサートの新エンジンを搭載した最上位グレードが入ってきましたので、お知らせいたします。

こちらです↓

DSC_0259

その名も、「パサートヴァリアント 2.0TSI Rライン」!

 

パサートはもともと、1.4リッターのエンジンにターボチャージャーを取り付けた、いわゆるダウンサイジングコンセプトを体現するようなクルマでした。

「この堂々たるボディに1.4リッター!?」というのは、私も含め多くの方々が驚かれたことでしょう。

それが全然走れちゃうんです。

しかも、「何とか走れる」とかではなく、むしろ「優雅な走り」を実現しているのですから、まったく大したものです(゜-゜)

 

しかし、やはりこの車格ですから、「もう少し大排気量のエンジンを……」というお声を頂くこともございました。

そんなお声にこたえて、この度デビューしましたこの2.0TSI Rライン、通常パサートとは異なり、よりハイパワーの2.0リッターのターボエンジンを搭載しております。

性能は1.4リッターで充分でしたが、大排気量化により更なるパワーとロマンを身に着けました。

かのゴルフGTIと同型のエンジンですから、その性能は推して図るべしでございます。

DSC_0262

こちら、その2リッターターボエンジンです。

怒涛の加速を発揮します。

お好きな方は、もうしゃぶりつきたいくらいでしょう?

私は遠慮しときます。

 

DSC_0261

純正で、19インチの大径アルミホイールを装着しています。

 

DSC_0260

Rラインエンブレム。

さりげなく。

 

DSC_0267

こちら、オプションのデジタルメーターです。

メーターパネル全体が液晶画面になっており、針も目盛も全部デジタル表示、いわば映像です。

物理的なメーター機構が存在しないので、こんなことも出来ちゃいます。

DSC_0266

DSC_0264

スピードメーター氏とタコメーター氏には左右に少しずれて頂いて、メーター中央にナビゲーション画面をでかでかと表示。

見やすいうえに、何かハイテクって感じがして良くないですか!?

ちょっと戦闘機の照準レティクルっぽいですよね。

今ならディーラーオプションで、フロントのVWエンブレムに波動砲とりつけて連動させますよ(^_^)/

 

DSC_0258

パサート2.0TSI Rライン、ただいまショールームにて展示中でございます。

エンジン以外でも専用装備満載でかなり見応えのあるおクルマですので、ぜひぜひ一度ショールームにてご覧くださいませ。

 

さて、最後に今月の季節限定お飲み物のご紹介です。

今回は、さわやかな香り漂うマスカットティー、通称「マスカッティー」のご提供です(^^)

紅茶

ひとつごめんなさい。

画像ではHOT・ICEございますとありますけど、すみません、HOTしかありません

ですがHOTの方が立ち上る豊かな香りをよりご堪能いただけるんじゃあないでしょうか!

ジューシーなフレーバーの清涼感が、今の季節にピッタリですね(*^_^*)

 

ぜひ当ショールームで、パサートも紅茶もご堪能くださいませ。

お待ちしています。