フォルクスワーゲン滋賀&栗東は、滋賀県大津市・栗東市のフォルクスワーゲン正規ディーラーです。

Volkswagen栗東リニューアル工事中

Shiga Staff BlogVW滋賀スタッフブログ

「2016年11月」一覧

up! について考えました。

こんにちは

フォルクスワーゲン滋賀の遠藤です。

 

最近かなり冷え込んで参りましたが、先日意を決してバイク通勤を敢行してみました。

そりゃあ、じゅうウン万円を投じて車検しましたから、乗らなきゃ損です。

つまり、半ば意地です。やけくそです。

大方の予想通り、めっちゃくちゃ寒かったですね(-_-;) 特に朝方。

でも路面凍結するまでは、頑張ります☆彡

 

フォルクスワーゲンの末っ子といえば、ご存知up!

魅力的な価格の他、当時は新技術だった自動ブレーキ機能をひっさげて登場し、ある種のルネサンスを引き起こしました。

今でこそ、ほぼ全モデルに搭載された自動ブレーキですが、実はその第一弾がup!だったんです。知ってました?

弊社では、認定中古車としてもup!をあつかっています。

かなりお求めやすい金額になっていますので、お探しの方はぜひ一度ご相談ください♪

 

さてup!といえば、過去にかなり個性的な限定仕様車が出たことも大きな特徴です。

white black  white_sheet

white up!/black up! (ホワイトアップ!/ブラックアップ!)

白/黒をテーマに内外装を改装したモデルです。

モノトーンの落ち着いたたたずまいが、大人な雰囲気を醸し出していました。

今でも、個人的にはこのモデルが一番のお気に入りです。

 

orange  orange2

orange up! (オレンジアップ!)

鮮やかなオレンジのアクセントをあしらった、ひときわ目を引く仕様です。

内装のオレンジパネルの他、シートのステッチにもオレンジが用いられ、意外と渋い仕上がりになっていました。

ボディカラーはオレンジの他、黒・シルバーも用意されており、好評を博したオレンジのカラーは後に通常のup!でも選べるようになりました。

 

jeans  無題

jeans up! (ジーンズアップ!)

その名の通り、モチーフはジーンズ。

デニム調の、ひときわ個性的なインテリアが特徴で、西部開拓オーラが漂っています。

ちなみに当店の試乗車も、この仕様になっています。

 

up!の親しみやすいキャラクターが、この様な個性的な仕様であっても違和感なく受け入れてしまえるのでしょうね(^_^)

次はどんな仕様が出てくるのでしょうか!?

私なりに考えてみました。

題して、あったら良いな○○up!シリーズ第一弾(^_^)/

どうぞご覧ください。

 

・lift up (リフトアップ!)

   車高を大幅に上げており、悪路走破性を向上。

   どんな未開の地でも分け入っていけますが、ここまでくるともはや需要不明。

・tune up! (チューンナップ!)

   徹底したカスタムにより、えげつないパワーを発揮する走り屋仕様。

   ライバルに差を付けられます。

   トランスミッションがすぐにダメになるかも知れませんが、保証対象外なのでご注意ください。

・never give up! (ネバーギブアップ!)

   パンクしようがガス欠になろうが走り続ける、JAFいらずなup!

   向かうところ敵無しです。

   その心、まるでもののふ。

・up up! (アップアップ!)

   極限まで値引き済みの、ワンプライス仕様。

   本当にアップアップなので、これ以上は勘弁してください……<(_ _)>

・shut up! (シャットアップ!)

   マフラー直管爆音仕様。

   見えない力が働き、奇跡で国交省の認可突破。

   でも次の車検はよそで受けてください。

・version up! (バージョンアップ!)

   モデルチェンジを機に設定。

   次のモデルチェンジのときのことを一切考えていない姿勢に、微かな漢気を感じます。

・motivation up! (モチベーションアップ!)

   憂鬱な朝も、これに乗ればすっきり!

   みるみるやる気がみなぎり、今日も絶好調です。

   ただし用法用量を守って、正しくお使いください。

・de up! (どアップ!)

   up

・back up! (バックアップ!)

   予備として、up!をもう一台差し上げます。

   ついに上層部ご乱心。

 

この様に、up!の可能性は無限大です。いじり甲斐あるわー。

みな様の思う理想のup!があれば、ぜひ教えてくださいね(^^)

商品化されるかもしれませんよ!? 可能な範囲で(^_^;)

with

ハッピーノベンバー♪

フォルクスワーゲン滋賀の遠藤でございます。

 

いやいや、先月末はみな様のお宅に、いたずらかお菓子かの決断を迫りに行くことができず、申し訳ありませんでした<(_ _)>

本当は行きたかったんですけど、そこまで身体張る対価が、お菓子と冷めた笑いじゃ割に合わないなと判断し、やめました。

世間体と。

 

さて、フォルクスワーゲンにまた新しい限定仕様車がデビューしましたので、報告します(^_^)

世界の著名人が愛用しているといわれるオーディオブランド"beats"、そのbeatsとフォルクスワーゲン・ポロがコラボし、走行性能と、ハイエンドな音質を併せ持った車が誕生しました。

その名も、

 

“Polo with beats”!

 

そのまんま!!

 

はい、ということで前述の通り、今回はポロがベースの限定車です。

エンジンやトランスミッションに変更は無し、装備を換装したモデルになりますね。

なので、クルマとしての基本性能は通常のポロと同一です。

IMG_0523IMG_0519 さっそくショールームへ。

 

エクステリアはこんな感じです。

ホイールがポリッシュ/ブラックのツートン、ドアミラーがブラックアウト、左右ドアに専用のデコフィルムがつきます。

ちなみに赤と白の2本立てですが、白はまた違った色の組み合わせになります。

迷ったら大人買いもおすすめですよ♪

 

IMG_0520

インテリアはグレー基調です。

ノーマルのブラック内装とはまた違った趣です(゜-゜)

シートはアルカンターラ製で、手触りもまた別格ですね(^^)

ちなみにBピラーのところにあるのは、beatsブランドのロゴです。

只者ではない証です。

 

ちょっと抜け駆けさせて頂いて、噂のbeatsサウンドを体感してみました。

もともと、堅牢なドア構造を持つドイツ車は音質の良さに定評がありますが、はたしてどう変わったのか!?

 

………(リスニング中)。

…………。

…………。

 

………はい、気になる方は是非ショールームにて実際に聞いてみてください(笑)!

 

それでは最後に、今月の限定紅茶のご紹介。

いも茶

11月限定紅茶、いもくりかぼ茶です。

紅茶withポテトwithマロンwithパンプキンでございます。

この時期にふさわしい、ほっこりしたお味の紅茶ですよ(*^_^*)

記載もございますが、ミルクを入れて、紅茶withポテトwithマロンwithパンプキンwithミルクにしてご賞味いただくのがお勧めです♪

そう言われると入れたくなくなるという、反骨精神あふれるロックな方にも朗報、ストレートでも全然いけますのでご安心ください(^^)

でも、もっと素直になられることをお奨めします。

 

さてさて、だいぶ冷え込んできましたね(+_+)

ぜひ当ショールームで、クルマwith紅茶でほっこりしていってください(^_^)/