フォルクスワーゲン滋賀&栗東は、滋賀県大津市・栗東市のフォルクスワーゲン正規ディーラーです。

Volkswagen栗東リニューアルフェア開催中

Ritto Staff BlogVW栗東スタッフブログ

ドイツ車にちなんで

こんにちは!

本日は普段皆さまが乗っておられるVolkswagen(ドイツ車)と関係があるかは不明ですがドイツの食事について書いていこうとおもいます。

ドイツ料理とはいっても僕はビールやソーセージが思い浮かびます。

皆さまはもう少しご存知かもしれませんね・・・

 

少し気になったので調べてみました!

まず、ドイツ人は「die Kartoffel 」(ジャガイモ)が大好きなようです!

肉の付け合わせにマッシュドポテトやフィッシュ&チップスの付け合わせにフライドポテトなどなど沢山の料理のひきたて役になっているようですね。

ジャガイモと同様にドイツ人の主食になっているのが「Brot 」(パン)

「ドイツでは毎日一人当たり平均して234gのパンが消費されている」みたいです。

日本で皆さまがよくスーパーで見かける8枚切りの食パンが1枚50g程なので毎日ドイツ人は5枚食べてるみたいです・・・

やはり食べる量もすさまじいですね。

何事も調べてみると案外おもしろいですね!

 

話はVolkswagen栗東の話題になりますがついに10月の7.8.9日にリニューアル工事の完成を祝い皆様に見ていただけるイベントを開催させていただける運びになりました!

3連休になりますのでお時間の都合をつけていただけそうな方は是非遊びにきてくださいね!

                                                                                                                                            営業部   清水

SNS

みなさん、こんにちは!

営業部の北川です。

 

最近…というか、ここ数年の間で、あらゆる企業HPで、以前まではなかったある特徴が定着してまいりました。

アルファベットの「f」をかたどったロゴや、羽ばたく小鳥のロゴ、ズバリ「G+」と書かれたロゴ…。大手の企業HPなどで、これらが横並びに配置されている画面をよく目にするのではないでしょうか。

そう、SNSのロゴです。

Facebook、Instagram、Twitter、Google+…あとはLINEやYoutubeなんかもありますね。

いまはどの企業も、HPだけではなく、より多くの人の目に触れるよう、身近なSNSによる情報発信に力を入れています。それらのコンテンツには、HPだけではフォローしきれないたくさんの情報が詰め込まれ、さながら市場はSNS総当たり戦の様相を呈しております。

我らがVolkswagen Japanも例外ではなく、トップページにはFacebook、Twitter、Instagram、Google+、Youtubeのシェアボタンが並んでいます。

フォローをよろしくお願いいたします 笑

 

さて、このようなSNS発信については、もちろん海外でも事情は同じです。

総本山であるVolkswagen AGにおいても、Facebook、Instagram、Youtubeの他、日本ではまだ少数派のPinterestがインストールされています。

ここで私のオススメは、Instagram!

Japanのモノもよいのですが、本場ドイツのInstagramには、日本とはまた違う、オシャレな画像がたくさんアップされています。

というわけで、例を少しだけ…。

 

Screenshot_2017-09-25-11-42-55-1

Screenshot_2017-09-25-11-45-17-1

 

いかがでしょうか。自分の乗っているクルマが、ちょっと人と違う、いいクルマに思えてきませんか?

Instagramをされている方、よろしければぜひ、「Volkswagen_de」をフォローしてみてください。

New Golf インプレッション!

新しくなったgolf。7.5とも呼ばれている新型golfにはどんな魅力があるのでしょうか?
発売から3ヶ月ほど経ち、人気の新型golfの魅力について見ていきましょう。

デザインに魅力があります。クルマって時代とともに進化をし続けていきます。デザインも時代とともに進化します。golfはどうでしょうか?先代の7やその前の6と比べても大きな違いはありません。

IMG_0296[1]IMG_0297[1]

水平基調なフロントグリルと後方に伸びやかなデザインをしたヘッドライト。ボディサイズも大きな変更もせず、volkswagenを知らない人まで、一目見れば「golf」とわかるスタンダードなデザイン。飽きの来ないデザインが長く愛していただける魅力では無いでしょうか。

では、新型golfがどのように進化したデザインか?変更されたバンパーは先代とは異なる「Aライン」でワイドな印象を引き立たせます。ヘッドライトもフェンダーに向けて4cm伸び、さらにシャープな印象へ。細かなデザインの進化ですが、基礎デザインは崩さないように、進化しております。

インテリアはどうでしょうか?インテリアデザインもコンセプトは変わりません。使いやすくシンプルに。大きなボタン、操作性の良い配置は昔から変わりません。ゴテゴテした物はなく、スッキリした印象。センターコンソールも、電子化されたサイドブレーキスイッチでスッキリ。運転席に座ってみると、先進性が感じられます。まず目にとまるにが、9.2インチの大型モニター「インフォテイメントシステム」です。インフォテイメントとは「インフォメーション」と「エンターテイメント」の造語でgolfと一体になったシステムは、ドライバーの運転をより充実したものにしてくれます。音楽を楽しんだり、目的地までの案内。登録した電話をハンズフリーで使っていただけ、大型モニターでさらに操作性が高まります。さらに、目の前にはデジタルメーターが装備されています。ナビゲーションの地図を表示させたり、インフォテイメントシステムとリンクしているので、走行中に視線をそらさず欲しい情報を確認し、安全に運転していただけます。

IMG_0299[1]IMG_0298[1]

走りはどうでしょう?今回は、加速、急制動、S字走行、スラローム、クランクと異なった条件でテストドライブをして見ました
わかりやすいように、某ブランドの人気車種を用意し、乗り比べです。まず感じたのは、スムーズな加速です。エンジンは1.2ターボと1.4ターボの2種。いずれも小排気量なのに加速がいい。市街地走行の快適性を考えたエンジンは先代から好評のTSIエンジンは新型golfでも変わらず。エンジン音も比較車と比べても断然静か。さらにS字やスラロームでも安定した走り。比較車はスラロームでハンドリングが慌ただしく、スラロームの後半では立て直しが難しいくらい。後席に座っていても、不安でいっぱい。比べてgolfは、スラロームの入口から出口までハンドルは一定操作で不安感は無し。

新型golfといっても、ボディやエンジンは先代から変わらず、4年前と大きく変わりません。しかし、用意した比較車は現行や新型でしたがそれを超える走りの素晴らしさは、乗ってみてよくわかります。

まとめると、一言で「いいクルマ」です。簡単なご紹介ではありますが、他にもたくさんの魅力があり、volkswagenのこだわりがぎっしり詰まっています。機能性、安全性、デザイン、全てにおいて優等生なgolfを選んでみてはいかがですか?あなたがイメージする「クルマ」が変わるかもしれません。

セールス  髙田